BF1 攻略上手くなるためのBF初心者マニュアル・ガイドまとめ

BF1

敵を徹底的にマークする

バトルフィールドにはスポットという敵に印を付けることができる機能があります。スポットをすることで、その敵の位置が味方全員に共有されます。自分が倒すことのできない敵でもスポットをしておけば味方が倒してくれるかもしれません。

スポットの操作はQ/R1/RBボタンで押すことで可能です。照準を敵に合わせてボタンを入力します。ボタンを連打しすぎるとスポットが一時的に無効化されるので連打のしすぎには注意です。

立ち回りを勉強する

BFはマップが広いため様々な方向から敵に狙われている可能性があります。味方のいる場所、ドクロマーク、発砲音などから敵の位置を予想してマップを移動しましょう。

味方がたくさんいる場所は安全ということです。味方が走っている場合もその区間は安全ということになります。マップに表示されているドクロマークの近くには敵がいる可能性があります。味方のドクロマークの近くにはその味方を倒した敵が居ることでしょう。

立ち回りがわからない場合、味方や分隊員と一緒に行動してみましょう。なにか得るものがあるかもしれません。

マップを覚えよう

どのFPSゲームでもそうですが、立ち回りを活かすためにマップを覚えることは重要です。マップが広いのでルートもたくさんあります。コンクエストで拠点を取得する場合の有利な位置取りもたくさんあります。

マップを覚えるために人の居ないサーバーで探索したり、何度もコンクエストをこなして勉強しましょう。

ビークルを乗るときは練習してから

限られたビークルはチームにとって重要な兵器です。初めてビークルを乗るときは操作や装備などがよくわからないかもしれません。ですので、人の居ないサーバーで一通りの操作や装備を確認することをおすすめします。

BF1でもビークルの装備はカスタマイズ可能です。火炎放射器を搭載できたり、メイン武器を変更できたり、外観を変更することなどが可能です。

敵を狙うときは頭部を心がける

FPSゲームでは頭部へのダメージは倍増します。移動時の照準の高さは頭部に来るようにして移動し、撃ち合いになったらヘッドショットするように心がけます。初心者のうちは当たりやすい胴体を狙ってしまいがちです。

最初は胴体狙いで問題ないですが、BF1に慣れてきたらヘッドショットを決めることでキル数も増えていきます。頭部へのダメージが一番高く、手足へのダメージが一番低いです。

分隊システムを利用する

分隊長の命令に従うとスコアを獲得でき、ランクがアップしやすくなり、ゲーム内通貨「ウォーポンド」が獲得できます。また、分隊員は復活ポイントとなるため、出来るだけ4人以上の分隊を作っておきたいですね。

分隊と一緒に協力して拠点を攻めたり、蘇生してあげたりするのは面白いです。

BF1攻略トップに戻る

BF1 関連ニュース