レンタルサーバープログラム(RSP)の価格や設定可能な項目など

BF1

バトルフィールド1(BF1)でも誰でもサーバーをレンタルすることが出来ます。このプログラムはレンタルサーバープログラム(RSP)と公式が読んでおり、サーバーを借りると自分の好きなように設定することができたり、知り合いだけで遊ぶプライベートサーバーとして利用したりできます。

レンタルサーバープログラム(RSP)について

「バトルフィールド 1」のリリースに続いて11月からレンタルサーバープログラムが開始されます。このプログラムを利用することで、ゲームプレイオプションやマップローテーションを好みに設定した「バトルフィールド 1」のプライベートサーバーやパブリックサーバーを立ち上げることが可能になります。

レンタルサーバーの提供は、EAから直接サーバーを提供する形となり、「バトルフィールド 1」のゲームストアを通じて開始される予定です。レンタルサーバーでは、サーバー名、マップローテーション、ゲームモード、各種ゲーム設定等々、ゲームプレイのさまざまな面をカスタマイズできます。

レンタル開始当初は利用できるゲームモードの数を制限する可能性がありますが、フィードバックやその他の状況に合わせて徐々に対応範囲を拡大し、カスタマイズのオプションやUIデザインについても2016年中から、それ以降を通して拡張を続けていく予定です。

価格

PC

  •  1日:$2.99
  •  7日:$11.99
  • 30日:$42.99
  • 90日:$99.99
  • 180日:$149.99

PS4 / XB1

  •  1日:$1.99
  •  7日:$7.99
  • 30日:$26.99
  • 90日:$64.99
  • 180日:$99.99

調整可能なオプションなど

  • チケットの数
  • 弾丸のダメージ値
  • モードの選択
  • 使用可能な武器
  • マップの選択
  • キルカメラ (有効/無効)
  • ミニマップ (有効/無効)
  • フレンドリーファイア (有効/無効)
  • 3Dスポッティング (有効/無効)
  • 霧 (有効/無効)

詳細は今後公開されるとのこと

BF1 関連ニュース